2017年11月11日土曜日

今さら聞けない用語

WiFiとは
パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続する技術のことです。
自宅や職場などでWi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターが必要となります。
Wi-Fiは、おうちの中で使っているパソコンやタブレットなどのネットワーク対応機器が、無線の電波で接続できるようになる便利な方式です。
Wi-Fiルーターとは
Wi-Fi機器と電波の送受信を行いLANとの仲介を行うための機器で、無線LAN親機とも呼ばれています。

LTE/3Gとは
スマートフォンや携帯電話用の通信網のこと。
利用エリアが広く、外出先でも便利にインターネット接続できますが、速度が遅めです。

LANとは
Local Area Networkの頭文字を取ったもの。
家庭や会社など限られたエリア内において、パソコンなどの機器同士をケーブルなどで接続しデータのやりとりを行えるコンピューター・ネットワーク(通信網)のことをいいます。

ブロードバンドルーターとは
インターネットとLANを仲介するための機器です。
ブロードバンドルーターに接続された機器でそれぞれ同時にインターネットを利用できます。
※インターネットに接続するには、別途インターネット回線及びインターネットサービスプロバイダーとの契約が必要となります。

SIMカードとは
スマホやガラケーなど携帯電話で通話・通信をする際に必要となるICカードのことです。
SIMカードの中には、IMSIと呼ばれる契約者を識別するための15桁の番号が格納されています。このIMSIは以下の3種類で構成されています。
先頭の3桁・・・国の識別番号 MCC(Mobile Country Number)
次の2~3桁・・・事業者の識別番号 MNC(Mobile Network Code)
残りの9~10桁・・・加入者の識別番号 MSIN(Mobile Station Identification Number)

格安SIMカードの種類

一つはデータ専用SIMと呼ばれるSIMカード。これはインターネット通信のみを行えるSIMカードで、スマホで利用できる機能のうち電話以外は全て対応可能になります。
最近ではLINEなどのメッセージアプリの普及もあって、電話番号を持たずにスマホを利用する人も増えており、そういった人のためのSIMカードと言えるでしょう。

もう一つは音声通話SIMと呼ばれるSIMカード。
これは名前の通り電話機能も使えるものになります。データ専用SIMと比べると利用料は高くなるのが一般的ですが、電話機能に加えてショートメッセージサービスが使えるのも魅力です。

MVNOとは
Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。
SIMフリーが世の中に知られると同時にMVNO(エムブイエヌオー)という言葉も世に知られ始め、MVNOが発売するSIMは格安SIMと呼ばれております。

テザリングとは
スマートフォンや携帯電話を中継点とすることで、他の通信機器(ノートパソコン・タブレット端末・ゲーム機など)をインターネットに繋いで利用できる機能のことです。

インターネット( internet)とは
インターネット・プロトコル・スイートを使用し、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルなシステムである。

ローミング (roaming) とは
携帯電話PHS、またはインターネット接続サービス等において、事業者間の提携により、利用者が契約しているサービス事業者のサービスエリア外であっても、提携先の事業者のエリア内にあれば、元の事業者と同様のサービスを利用できることをいう。

データローミングとは
通常使っているキャリアの電波が海外に行ったことで電波が届かなくなった際に、各キャリアが提携しているその国のキャリアの電波受信を可能にして通信できるようにする機能です。この機能により、海外でも特別な契約をしなくてもネット接続が可能になります。
しかしこの機能をONにしたままにしたことで、高額請求の原因となることが有る。




2017年11月3日金曜日

北門の鄭州路 「牛肉麺」

庶民の腹を満たす牛肉麺、独特の香辛料を使っており結構これを苦手とする日本人が多い。
士林駅前に有る「牛厨」の塩味牛肉麺は五香を使っていないのでスンナリ食べられます。しかし、ここまでくると全く別の麺料理だね。
店の能書きを見ると北門の鄭州路が創業の地らしい。ここは元々日本時代は鉄道官舎が有ったところで崩れかけた和風建築が沢山のこされており痛々しいですね。
北門

鄭州路



関連の投稿記事 : http://longstay-martin.blogspot.tw/2015/04/blog-post.html

2017年7月17日月曜日

必見の台湾の医療情報。

将来 科学が進歩し体内に潜んでいる病巣から「何月何日にお伺いいたします」なんて連絡がはいる時代が来るかも知れない。そうなれば、その時期は海外渡航を控えるなどの手段が可能。だとしても、怪我は所かまわず突然襲って来る。
不幸にも海外で病気怪我に襲われたとき、「ちくちく」「ずきずき」「しくしく」「ガンガン」など無数にある日本語の痛み表現を他国語で現地医師に伝えるのは至難の業。医療技術や医療費の心配もさることながら痛みを伝えきれない言葉の壁に不安を感じるものです。

ここ台湾では、高齢の医師は戦前の日本語教育を受け日本語が堪能です。しかし残念ながらその数は徐々に減少し、現在はアメリカ留学が主流で全体的には英語を話す医師が多いのが現状です。
日本人が多く住む地域には日本人のかかりつけ医になっている醫院もあり言葉の心配は要りませんが日本語の通じ難い大病院等では日本語の堪能なボランティアによる通訳に頼ってるのが現状です。

ご紹介する臺安醫院は、「お待たせしない診療」「言葉の壁を感じさせないサービス」をモットーに在台外国人に対する医療サービスを目的として1989年に台安医院特別外来センター(別名、特診センター)を設立しています。
こちらには「日本語特別外来」(特診中心報到)があり、診察する医師、受付、会計、薬の受け渡しに至るまで、すべて日本語特別外来室で、日本語で対応してくれます。(薬の効能も日本語で書き添えてくれます)。
電話予約もできますが予約せずとも5~6分で受診してもらえます。一般外来より費用はちょっと高めのようですが、言葉の壁を感じず診療を受けられるので良しとしましょう。土曜日は休診、日曜の午前中は診察しています。

基督復臨安息日會醫療財團法人臺安醫院(Taiwan Adventist Hospital)
台北市松山區八德路2段424號  TEL.02-2771-8151
最寄りのMRT駅は、板南線「忠孝復興駅」板南線「忠孝敦化駅」木柵線「南京東路駅」いずれも駅から徒歩15〜20分。
最寄りのバス停は「臺安醫院站」「八德敦化站」「台視站」

台湾の医療水準について、政府衛生福利部の統計をみると、2300万の人口の国に2014年現在でポジトロン断層法撮影設備(PET) を43台、核磁気共鳴画像診断装置(MRI) を200台及びコンピュータ断層撮影装置(CT) を357台、更に2015年には初の医療用粒子線治療設備を導入し全面的な医療ケアと予防を行っています。
医師は日本や米国への留学で高水準の知識を身につけ、施設は世界トップ200病院の中に14病院がランクインしており、アメリカ、ドイツに次ぎ第三位の位置を占めています。この様に日本や欧米と比較しても同等で医療の水準はまったく遜色無いと思われます。

その他、医療サービスと健康保険が2000年にイギリス・エコノミスト誌の「世界健康ランキング」で世界第2位に名を連ねたとか、2007年のスイス・ローザンヌ国際経営開発研究所の「世界競争力評価」で医療・保健制度のインフラ整備で評価対象国55カ国中の第13位に評価された、2014年に、The Richest webが台湾を世界一の医療・保健制度と評価した等々、台湾の医療面での成果が国際的に高い評価を得、今ではアジア各国からの医学留学生の受け入れ国にもなっています。
私が特に感心しているのは、インターネットによる情報処理が整備されており、病院間のカルテ移動は当然の事ながら、診療のネット予約、更にはオンタイムで受診中の受付ナンバーが分かるシステム等が導入されており、待ち時間の無い診察が受けられます。

余談ですが国を挙げてMedical Tourism(医療観光)に力を注ぎ、毎年 数万人の外国人が台湾の医療サービスを受けに来台しています。

PS.
*台湾で救急車を呼ぶ場合は119番へ電話をかけます。
*台湾に満4か月以上滞在の外国人も日本の健康保険制度に類似した健康保険に強制加入することとなります。

2017年7月12日水曜日

台湾の医療情報

笑い話ですが、科学の進歩で体内に潜んでいる病巣から「何月何日にお伺いいたします」なんて連絡がはいる様になったにしても、突然の怪我は予知が難しい。
海外の病気怪我には私も苦い経験が過去に有り、医療技術や医療費の心配事もさることながら自分の状態を伝えきれない言葉の壁をもどかしく感じ語学の必要性を強く感じたものです。

台湾に於いては、高齢の医師は戦前の日本語教育を受けて日本語が堪能です。しかし残念ながらその数も徐々に減少しており、現在はアメリカ留学が主流で全体的には英語を話す医師が多いのが現状です。
日本人が多く住む地域には日本人のかかりつけ医になっている施設もありますが日本語の通じない大病院等では、日本語の堪能なボランティアによる通訳が可能な病院もあります。

ご紹介する臺安醫院は、「お待たせしない診療」「言葉の壁を感じさせないサービス」をモットーに在台外国人に対する医療サービスを目的として1989年に台安医院特別外来センター(別名、特診センター)を設立しています。
こちらには「日本語特別外来」(特診中心報到)があり、診察する医師、受付・会計・薬の受け渡しに至るまで、すべて日本語特別外来室で、日本語で対応してくれます。(薬の効能も日本語で書き添えてくれます)。

電話予約ができるので待たずにすぐ診察が受けられます。予約せずとも5~6分で受診してもらえます。一般外来より費用はちょっと高めのようですが、言葉の壁を感じず診療を受けれるので良しとしましょう。土曜日は休診ですが、日曜の午前中は診察しています。

基督復臨安息日會醫療財團法人臺安醫院(Taiwan Adventist Hospital)
台北市松山區八德路2段424號  TEL.02-2771-8151
最寄りのMRT駅:板南線「忠孝復興駅」、板南線「忠孝敦化駅」、木柵線「南京東路駅」いずれも駅から徒歩15〜20分。
最寄りのバス停:「臺安醫院站」、「八德敦化站」、「台視站」

台湾の医療水準も関心ごとのひとつですが政府衛生福利部の統計によると、2014年現在でポジトロン断層法撮影設備(PET) を43台、核磁気共鳴画像診断装置(MRI) を200台及びコンピュータ断層撮影装置(CT) を357台擁し、更に2015年には初の医療用粒子線治療設備を導入し、全面的な医療ケアと予防を行うようになっているとしています。

医師は日本や米国への留学で高水準の知識を身につけており、日本や欧米と比較しても同等で、医療の水準はまったく遜色ありません。世界トップ200病院の中に台湾は14院を占め、アメリカ、ドイツに次ぐ第三位の位置を占めており、今ではアジア各国からの医学留学生の受け入れ国になっています。
特に情報処理の面では進んでおり、インターネットによる診療予約が多くの病院で導入されており、受診中の受付ナンバーが分かるようになっており、これには私も助かっています。

PS.
*台湾で救急車を呼ぶ場合は119番へ電話をかけます。
*台湾に満4か月以上滞在の外国人も日本の健康保険制度に類似した健康保険に強制加入することとなります。
*医療観光(Medical Tourism)について。
毎年 数万人の外国人が台湾の医療サービスを受けに来台しています。
台湾の上質な医療サービスと健康保険は2000年にイギリス・エコノミスト誌の「世界健康ランキング」で世界第2位に名を連ね、2007年のスイス・ローザンヌ国際経営開発研究所の「世界競争力評価」では、台湾は医療・保健制度のインフラ整備で評価対象国55カ国中、第13位となっています。2014年には、The Richest webが台湾を世界一の医療・保健制度と評価しました。

更には、ノーベル賞受賞者クルーグマンは、台湾が成功させた蓄積はアメリカが参考として学ぶに値すると述べていたり、ナショナルジオグラフィック、ニューヨークタイムズ、タイム及びCNNなどの国際メディアが特集を組んで台湾の医療の成果を紹介しました。このように台湾の医療面での成果は国際的に高い評価を得ています。

2017年7月11日火曜日

台湾南部の温泉  「花季」冷泉温泉

台湾には温泉が沢山ある。ほとんどが熱泉で冷泉は2箇所しかないそうだ。
その一つがここ高雄県田寮郷に有るリゾートホテル「花季」冷泉温泉だ。この温泉は、日本時代に日本が開発したもので、その後放置され、さびれていた物を、本日、私たちが接待を受けている周正道様の友人が買取りNT$4億をかけ再建したそうだ。

途中、尖がった剥き出しの山肌が連なる”月世界”という名所に立ち寄りながら辿り着いたところは客室・食堂等に日本名が付けられたかなり日本趣味のHOTELで従業員のサービスも含めてかなりのレヴェルだ。(2009.6.21)
写真↴


「韮菜盒子」  とても美味しい屋台料理ですよ。

「至誠豆漿坊」
「韮菜盒子」の名店発見しました。5時から11時まで営業ですが、6時頃行かないと売り切れてしまいます。
台北市士林区至誠路1段2-4號  2836-8931
初めて食べたときの美味しさが忘れられず屋台等で見つけては食べてますがここのは特別。



2017年7月4日火曜日

陽名山中の温泉「馬槽花芸村」、ここは良いよ。

台北は都心から30分も有れば行ける温泉地が数十か所あります。
中でも陽名山のこの温泉は最高です。ただ、交通手段が車が必要、これが難です。それ以外は泉質、解放感、空気の清涼感などなど最高です。


2017年5月9日火曜日

日本時代の「台湾総督府専売局台北南門工場」の今

「台湾総督府専売局台北南門工場」
日本時代の1899年に建設された当工場は東南アジアで最大規模を誇った樟脳やアヘンの製造工場であった。
時を経て中華民国1967年の樟脳事業民営化にともなって工場は廃業、その後は荒れ地となっていましたが、歴史建造物の活性化をはかる文化部により修築が進められていた。5年にわたる修復を経て2013年11月、国立台湾博物館「南門園区」として生まれ変わり一般公開されております。

台湾の樟脳産業の歴史に立ち会ってきた「南門園区」は「小白宮」と呼ばれるかつてのアヘン倉庫や「紅楼」の呼び名で知られる樟脳倉庫、および貯水槽からなり、敷地面積は約1600坪余り。このうち「小白宮」は今後は教育推進や会議開催の場として、「紅楼」は展示エリアとしてそれぞれ活用されております。

一昨日、友人が開催するイベントに日本商品を展示販売するコーナーで日台友好を進めてまいりました。これも何かの御縁でしょうね。





2017年5月5日金曜日

観光地に飽きた人は「康青龍」(カンチンロン)の散策がお薦め

「康青龍」(カンチンロン) 最寄駅はMRT古亭駅・台電大樓駅・東門駅。
南北に北から永康街⇒青田街⇒龍泉街と楽しい町が連なっています。
カンチンロンの康(カン)は永康街、青(チン)は青田街、龍(ロン)は龍泉街、各地域の頭文字を取って「康青龍」(カンチンロン)と言われています。

永康街は今更ながらの地域ですね。小龍包の鼎泰豊、マンゴーかき氷の各店、上海料理の高記等々、外省人料理が軒を並べる観光客必須の地域です。

青田街は日本人が昭和町と呼んでいた地域で日本家屋や樹齢100年におよぶ木々に包まれた落着きの有る歴史の街です。

龍泉街は師範大学に近い事もあり学生のエネルギーが溢れる、少し士林夜市とは趣きの異なるナイトスポットです。

昼も夜も賑わう永康街
閑静なたたずまいをみせる青田街
昼間の龍泉街、夜ともなると歩くのが難しいほどの人出になります。
若者の街らしくこじゃれた店が軒を並べています。

2017年4月17日月曜日

筍シーズン到来

筍シーズン到来ですね。
台湾でも日本とは一味違う筍が供されます。柔らかく、味わいはフルーツ感覚ですね。
現地の人はあの甘いマヨネーズで食べますが、私はワサビ醤油でいただきます。
うまい(絶賛)!!!!