2013年12月19日木曜日

「鼎泰豊」附近の小龍包屋さん

有名店「鼎泰豊」の筋向に有る江浙点心のお店でサービスされる小龍包は写真でご覧の通りスープが余り出てこないんですよね。

鼎泰豊の小龍包こそが小龍包だと思っている日本人観光客がこの店に行ったらどんな評価を下すんでしょうね。一回聞きたい気がしますがおそらく行かないでしょうね。

薄皮とスープで鼎泰豊を世界のトップレストランにした経営者に感服です(~_~)

2013年12月10日火曜日

東港 原住民懇親会(20101031)

台北市内の公団住宅に住む平地原住民の地区懇親会です。っていうか祭りそのものです。住民の大部分は阿美族です。広場には、原住民を意識するかのような、カヤ葺の砦様の構築物や臼、杵などが置かれています。
祭りに先立ちこの地区の[頭目]がTVのインタビューを受けています。[頭目]は日本時代に付けられた呼称で、部族長or酋長を意味します。発音はトォモクからトォムーに変化しました。


「酒を一緒に飲もうよ」という意味の歌です。最後に「どうも、ありがとう」の挨拶言葉を聞いた時に一瞬耳を疑いましたが、間違いなく「どうも、ありがとう」でした。原住民に尋ねると日常的に使用しているとの事だった。

「頭目」のパフォーマンス。家から秘蔵の儀礼銃を持ちだし、若い頃、勤務していた中正紀念堂の衛兵交代式の儀式を再現してくれました。儀礼銃は辞める時に内緒で借用中との事だ。

 前頭目の銃演技は戦前の日本軍の突撃スタイルです

フラフープをしながらのパン食い(ビスケット)競争です。

バナナの葉っぱに子供を乗せての走り競争。

おしゃまな未来の踊り子。

次から次と出てくる踊りの数々
















原住民の伝統食

MRT象山線開通  鼎泰豊が便利になった。

11月28日、MRTの象山線が開通しましたよ。ペンション悠遊村からのアクセスが非常に便利になったスポットが有ります。
淡水線の士林から乗り換えなしで行ける人気スポットが増えました(~_~)。淡水、北投、士林夜市等に加えて、(1)大人気の鼎泰豊の有る東門駅まで20分、(2)カウントダウン花火の台北101駅まで30分、(3)台北の夜景が楽しめる4代スポット(陽明山、象山、猫空、台北101)のひとつ象山駅まで35分、ナイトスポットが2か所カバーできました。

2013年12月6日金曜日

阿美族集落の豊年祭り

映画「非情城士」「千と千尋」で有名な九份の近隣にある阿美族集落の豊年祭りです。歌って、踊って、飲んで、食べて、底抜けに明るい人達が繰り広げる観光化されていない祭り。集落の自分達が楽しむ祭りなので本当の原住民の姿が見れて面白いですよ。
(20110803)
IMGP9561.jpg

IMGP9620.jpg

IMGP9638.jpg

IMGP9657.jpg

IMGP9687.jpg

IMGP9696.jpg

IMGP9701.jpg

IMGP9703.jpg

IMGP9729.jpg

IMGP9745.jpg
 
IMGP9563.jpg

IMGP9566.jpg

IMGP9576.jpg

IMGP9683.jpg

IMGP9705.jpg

2013年12月3日火曜日

階段の街、九份巡り

メインのストリートからちょっと奥をのぞくと生活感の有る九份が感じられますよ。沢山の階段が有り、この探索も面白いですよ。