2015年3月22日日曜日

花蓮「嘆きの壁」  日本人の痕跡を訪ねる

領台当時の日本は貧しく、農村の人口過密問題解消や、南洋進出の試験地の目的をもって台湾東部海岸に豊田村 吉野村、林田村の農業移民村を大正初年に作りました。

新天地開拓の意気込み持った移民たちは台風や気候風土、伝染病等に悩まされながらもそれらを克服し開拓を進めていきました。現在も、ぽつりぽつりと残る日本式家屋に日本の痕跡がみてとれます。

そんな豊田村の一角に悲しい物語が有ります。時は過ぎ、十数年前、高齢の女性が加わっていた観光ツアーが花蓮を訪れました。添乗員の好意で生まれ故郷の豊田の地を踏むことができた彼女は昔のことを尋ね歩き、ある家の壁の前にたどり着きました。
壁に寄りかかるようにして泣き崩れる彼女に地元の老人が仔細を尋ねると、女性は壁にうっすらと残る「田原」という字を指してこう語ったそうです。
『母親が身ごもり、喜んだ父親は家を拡張することにした。ところが思いがけぬことに母親は難産で亡くなり、悲嘆にくれた父親がまだ乾かぬコンクリート壁に指で書いた文字が之です
以来、豊田の人々はこの壁を「嘆きの壁」と呼んでいます。
写真↴





台湾の土産 何を買ってますか?


第1位 パイナップルケーキ
第2位 お茶
第3位 ドライフルーツ等の乾物
第4位 デザイン・グッズ
第5位 スーパーやコンビニ 買い

だって!!

国定古跡の内部が観られるチャンスですよ!!  台北賓館

明治人の男のロマンを感じる事のできるネオ・ルネッサンス様式の美しい建築物の内部が参観できます。それは日本時代の「台湾総督官邸」という厳めしい名前から、「台北賓館」(迎賓館)となり、この百数十年間、日本時代中華民国時代を通じて各国のあまたの賓客を接待おもてなしをしている建物です。

通常は周囲を2米程の趣味の良い塀で囲まれて遠目でしか見られませんが2015年度は下記日程で解放されます。内部が参観できる絶好のチャンスです。
【解放参観日】
1月1日(木) 2月7日(土) 3月7日(土) 4月11日(土) 5月10日(日) 6月6日(土)
7月4日(土) 8月1日(土) 9月19日(土) 10月17日(土) 11月7日(土) 12月5日(土)
時間は8:00~16:00
1895年(明治28年)「北白川宮能久親王」が台湾征討近衛師団長として台北に入城した、わずか16年後の1911年(明治44年)に現在の建物が竣工され、1919年(大正8年)の台湾総督府の竣工までは歴代総督が執務をとっていました。
初代の建物は福田東吾 野村一郎 設計による木造建築が1901年(明治34年)竣工しています。
現在の建物は森山松之助 八坂志賀助による1911年(明治44年)竣工のものです。

2015年3月12日木曜日

大吟醸を呑んでみる  獺祭

約1,300の蔵元、約4,000の銘柄、約10,000の商品を対象にした「純米大吟醸酒部門」総合ランキング(146商品)が有りました。
こんなものでもない限り自分の好みなんて探せませんよね(笑)

第 1位(930) 黒龍石田屋               福井県 黒龍酒造(株)

第 2位(690) 十四代七垂二十貫愛山       山形県 高木酒造(株)

第 3位(660) 猥祭磨き二割三分           山口県 旭酒造(株)

第 4位(610) 十四代龍月                山形県 高木酒造(株)

第 5位(600) 磯自慢純米大吟醸ブルーボトル   静岡県 磯自慢酒造蜘

第 6位(590) 久保田萬寿                新潟県 朝日酒造(株)

第 7位(510) 田酒純米大吟醸             青森県 蜘西田酒造店

第 8位(480) 十四代大吟醸播州山田錦純米醸造 山形県 高木酒造(株)

第 9位(460) 猥祭純米大吟醸50            山口県 旭酒造(株)

10位(410) くどき上手純米大吟醸愛山       山形県 亀の丼酒造(株)

写真↴

2015年3月11日水曜日

「魯肉飯」 と 「猪油拌飯」 どちら派

B級グルメを超えた超ウルトラF級グルメに出会いました。台湾通の方は、あ~あ、あれかって感じなんでしょうけど初体験の私はマジで美味しさに吃驚しましたよ。魯肉飯より美味しんじゃないかなぁ。

台湾がまだまだ貧しかった時代の家庭料理だそうですよ(料理と言えるほどのもんじゃないけど)。最近は店で見る事が少なくなったメニューみたい。「猪油拌飯」って字を見つけたら一回食べてみて、美味しさ保証付、私は3杯も御代りしました(~_~)。
台湾では白御飯とスープは食べ放題の店が多いんですよね。1人で」行ったら小菜一皿とこれで十分お腹がふくれるので店の人には嫌われるだろうね(笑)。


そういえば初体験の店は御代り自由の白御飯の傍にこれが有ってお客さんが自分で作るシステムでした。白御飯に豚脂(ラード)を溶かしたものと醤油をぶっかけて混ぜるだけ、いたって簡単な料理です。
写真↴



2015年3月10日火曜日

サントリー響21年、ニッカ竹鶴21年の飲み比べ

2014年の酒類の輸出額は294億円と過去最高だったようです(国税庁)。2013年に比べて16.9%増、10年前に比べて2.8倍。品目別でみると、日本酒が115億円で前年に比べて9.3%増、5年連続で過去最高。ビールは66億円で20.8%増、ウイスキーは59億円で47%増。ウイスキーが最も高い伸びを示している。欧米やアジアで、日本酒や日本産のウイスキーの人気が広がりウイスキーは特にフランスで人気が高まっているそうです。

サントリー響21年、ニッカ竹鶴21年の飲み比べをしてみました。ピートの煙で麦芽を乾燥させ、そのいぶした香りが麦芽につくことによって、ウイスキー特有のスモーキーな香りが生まれる事は既にご案内の通りですね。私の好みですがこのピート香がニッカは強すぎますね。
写真↴

2015年3月9日月曜日

花蓮へのアクセス

台北~花蓮間のアクセス
人気の列車(太魯閣号・普悠瑪号)の切符は、大陸からの観光客を当て込んだ旅行社・ホテル等が押さえてしまいますので当日の駅窓口での切符購入は不可とご承知ください。日本でのインターネット購入をお勧め致します。

【列車利用】  
*インターネットでの予約購入は乗車日の2週間前から可能です。ただし予約開始日の午前12時から1~2時間で完売されますので要注意。
*インターネットでの切符予約購入(カード払い)の方法
「交通部台湾鉄路管理局訂票作業系統」の画面に従って操作してください。左側表示項目最下部の「外国旅客訂票Booking Online」をクリックすると「Order Tickets On NET」画面に切り替わります。操作言語で日本語を選択できますので問題ありません。

*台北⇔花蓮間の「自強号」
(1)太魯閣号(日立製自動振り子列車)および普悠瑪号(日本車輌製自動振り子列車)
の場合、台北⇔花蓮間の所要時間は約2時間です。この2車種の列車は「無座(自由席)」の乗車券はありません。
(2)従来型自強号の場合、台北⇔花蓮間の所要時間は3時間です。
インターネットでは「無座(自由席)」の発券はありませんが駅窓口では「無座(自由席)」の乗車券を発券していますので購入は可能です。「無座」とは「自由席」券のようなもので、空席があればその席に座れますが、その席の所有者が来たら空けなければいけません。
(3)台北⇔花蓮間はいづれの自強号でも列車料金は同じで440元です。
台北→花蓮 間の列車の切符が取れないケースがしばしば発生しますので次善策として次の方法をお勧めします。
【高速バス・自強号の併用】
台北⇔羅東間を高速バス、羅東⇔花蓮間は列車(自強号)を利用します。
*高速バスは臺北轉運站(Taipei Bus Station)の4階にある高速バス会社「葛瑪蘭汽車客運」を利用します。時間帯にもよりますが10~20分間隔位で出ています。全席座席指定です。
羅東駅後站(裏口)から30mほどの高速バスターミナルに1時間弱で到着します。
*列車(自強号)に羅東駅から乗車、次駅の花蓮へは1時間程度で到着です。

台北~羅東間の高速バス料金は135元、羅東~花蓮間は列車(自強号)料金は203元、合計338元です。所要時間は乗り換時間等を含めても台北~花蓮間、2時間半程度です。

その他、「台北松山空港から復興航空」「宜蘭などの観光をしながらの3時間半のドライブ」という方法もありますが、制約、時間、料金 などをトータルで考えると【高速バス・自供号の併用】が一番の御薦めです  




2015年3月8日日曜日

燈籠フェスティバルの帰りに古跡によってみました。

台北会場の花博公園に行った帰りにちょっと寄ってみました。
近所には孔子廟、保安宮、臨済宗護国禅寺、台北故事館、圓山大飯店、ちょっと足を延ばせば忠烈祠が有ります。


臨済宗護国禅寺
 正面は圓山大飯店  右手前は台北故事館



貴方のお好みの焼酎は何位ですか?

庶民のお酒の焼酎が昨今ではブランド焼酎と呼ばれるものまで出現してきましたね。

今更ですがちょっとお勉強をしてみました。原料は芋、麦、米、そば、黒糖、栗など、沖縄の泡盛も焼酎の仲間ですね。
人気の美味しい焼酎を一定のルールのもとにランキング付けをした資料が有りました。人によって好みは違いますがあなたのお好みの焼酎はランキングに入っていますか。

私の愛飲している「富之宝山」と「黒霧島」が4位、5位でした(^-^)
「全国焼酎ランキング」
 1位  佐藤  (芋焼酎 鹿児島)
 2位  魔王  (芋焼酎 鹿児島)
 3位  森伊蔵  (芋焼酎 鹿児島)
 4位  富乃宝山 (芋焼酎 鹿児島)
 5位  黒霧島  (芋焼酎 宮崎 )
 6位  霧島  (芋焼酎  宮崎)
 7位  川越  (芋焼酎  宮崎)
 8位  村尾  (芋焼酎 鹿児島)
 9位  桜島  (芋焼酎 鹿児島)
10位  鶴見  (芋焼酎 鹿児島)

私の「魔王」「森伊蔵」 飲み比べ感想↴