2015年4月28日火曜日

馬槽花芸村温泉

温泉での写真はダメですよ~~ 子供だから、ま~あ良いか。写真右側では泥風呂を楽しんでいます。
写真↴

2015年4月26日日曜日

行義路温泉の源泉に迫る

日曜の朝、気持ち良い天気に誘われてドライブ~~、少し車を走らすだけで別世界だ、台北は好いね~~。
写真↴

2015年4月22日水曜日

ペンション悠遊村推薦の一押しホテルをご紹介します。 Hotel Prima Casa

開業まじかの綺麗なホテルです。新しいだけではなく管理がしっかりしていて清潔ですよ。
更にサービスが家族的で親切、松山空港10分圏内、雙城街夜市に近い、一番有り難い事は台北市内の他シティーホテルと比較して35%程度格安、悠遊村からの紹介で更にディスカウトが有ります。
ただ、弱点が無いわけではなくMRT(捷運)が「中山国小」「圓山」「民権西路」に等距離で徒歩10分かかるというところかな。

昌亜旅館(Hotel Prima Casa)
台北市林森北路673号(林森北路、民族東路口) +886-2-2591-5953

*私どもが塞がっている場合はこちらをご紹介いたしております。






淡水っていいね  淡水が舞台の映画 「言えない秘密」

淡水を訪れると必ず「淡水中学八角塔」へ行きます。何故かこの建物を見ると大正ロマンを感じ心が落ち着くんです。

今日見た映画「言えない秘密」が、なんとこの学校を舞台にしているんです。淡水が舞台のこんな良い映画が有ったなんてね。お師匠はん、おおきに。近々、違った淡水を感じに行ってきます!!

写真↴


2015年4月20日月曜日

アロマテラピー如何ですか~

日本台湾間は3時間ほどの飛行時間なんで長旅と言うほどの距離では有りません。それでも旅の準備、3時間前の空港到着、土産物購入、旅行前に仕事の片付け等々、結構ストレスが溜まっているものです。それに日々の生活でTVやPCの前に座る時間が多い現代人は知らず知らず慢性の凝りが蓄積されています。

遊びの準備に、日頃の疲労回復に、旅のお土産に、是非お試しください。一流のセラピストによるトリートメントは貴方に間違いなく安らぎを与えてくれます。
お店は天母SOGOの裏、ペンション悠遊村から徒歩10分程度です。

そんな私も、このところの雑用で少し倦怠感も有りJimmy(0915-920-037)の店でお薦めの「スウェーディッシュボディートリートメント」を2時間たっぷりやってもらいました。実に爽快です。








黄さんの小吃巡礼-8  涼州街の阿華鯊魚烟

食道楽の黄さんの今回の御薦めは100年の伝統を持つ口味です。

写真↴

黄さんの小吃巡礼-7  赤峰街の阿田麺

自動車のパーツ屋さんが軒を並べる赤峰街の最近は、お洒落なショップが林立する若者の街に変貌しつつあります。
そんな中にも近所の人の胃袋を満たし続けてきた創業60年の老舗店「阿田麺」があります。
新旧が混在する街、赤峰街を双連から中山まで散歩をしてみてください、楽しい発見があるかもしれませんよ。

写真↴

黄さんの小吃巡礼-6  慈聖宮前の原汁排骨湯

食道楽の黄さんが台北市内のC級グルメを追及中。

第1回目でご紹介している迪化街の北端から程近い所に有る涼州街「慈聖宮前の小吃群」。なかでも宮前の原汁排骨湯、これが絶品です。
写真↴

2015年4月16日木曜日

黄さんの小吃巡礼-3  「周記肉粥店」

黄さんの小吃巡礼 第三弾は肉粥のお店。

龍山寺 廣州街剥皮寮の対面に有る「周記肉粥店」。絶品ですよ!!!
写真↴

黄さんの小吃巡礼-2  福州元祖胡椒餅

食通の黄さんの台北市内の小吃紹介です。第二弾は龍山寺の福州元祖胡椒餅。
写真↴

黄さんの小吃巡礼-1  慈聖宮前の小吃群


食道楽の黄さんが台北市内のC級グルメを追及しました。

第1回目は迪化街の北端から程近い所に有る涼州街「慈聖宮前の小吃群」。境内の木陰で食べる小吃は楽しいですよ。ジモティー度100%。
写真↴

2015年4月8日水曜日

新北投の時代を感じさせる「時代理髪店」

新北投駅前の時代を感じさせる「時代理髪店」。
修繕しない看板、ヘンコツそうなオッサン、う~~ん今度来まっさぁ。昭和のおじさん第21代目に決定。20代目までのおじさんは南国台湾楽園生活http://shikaso.blog100.fc2.com/に掲載しています。
写真↴

2015年4月4日土曜日

散り際の美学を感じる地区  日本時代の鉄道官舎群

都心のど真ん中に世間の流れから取り残されたような一角が有ります。日本時代の鉄道官舎跡が今は住人もいなく荒れるに任せて朽ち果てる寸前です

地区は台湾総督府交通局鉄道部、北門、三井物産倉庫跡、台北郵便局などの古跡が集まるところから程近い忠考西路、市民大道、鄭州路、西寧北路に囲まれた地域で、若者の街 西門からも至近距離です。
散り際の美しさを感じる同様、滅びの美学を感じられる地域です。